投資金を捻出するために実践するべき2つのこと

将来を見据えた場合、資産運用を行うことは非常に重要であると考えられています。
現在、年金を受給されている年配の方でも完全に年金だけで暮らすのは難しいと言われているようです。

「貯蓄だけで賄うにせよ、定年後も働くにせよ、老後資金の柱になるのは公的年金」と語るのはFPの井戸美枝さん。年金額は現役時代の働き方やライフスタイルで変わるが、会社員・公務員で月8万~16万円、フリーランスで月6.5万円だ。夫の年金がある既婚者も、ひとりになったときの額を確認しておきたい。

国の調査では、単身高齢者の平均支出は月15.5万円。年金をメーンとした平均収入は月11.4万円で、4.1万円の赤字を貯蓄の取り崩しなどで賄っている。月の赤字が5万円なら年60万円。老後が30年なら1800万円が必要という計算だ。

しかし、井戸さんの見立てでは月5万円でも足りそうにない。「20~30代の年金は今の年金受給者より2~3割減るでしょう。年金は破綻しませんが、目減りは避けられません」。

不足分を補うために井戸さんが勧めるのが、iDeCo(イデコ)(個人型確定拠出年金)での老後資金づくり。毎月一定額を積み立てて運用したお金を、60歳以降に年金や一時金で受け取れる。税制優遇もある、老後資金づくりの最強手段。老後が不安ならまず、iDeCoから始めよう。

今の若い世代の方々は年金がさらに目減りすることが指摘されていますから、より投資に対して考える必要があるでしょう。

しかしながら、投資を行うためには投資をするための資金(種銭)を準備する必要があります。

現在の収入がそこそこあり、月々余裕のある貯金をしている人は早速投資を始めることは可能でしょうが、そうでは無い人は、まずは種銭を貯めるための努力が必要になります。

投資金を準備するための方法には、「支出を減らすこと」「収入を増やすこと」の2つあります。

今回は「支出を減らすこと」「収入を増やすこと」それぞれについて考えてみました。

支出を減らすことを考える

あなたは、家計を見直す上でまず最初に見直す項目は何でしょうか?

「食費」と考えましたか?

実際には、真っ先に考えるべき項目は固定費のカテゴリです。
節約しやすい固定費は3つあります。

節約しやすい固定費
    • 通信費
    • 光熱費
    • 保険料

通信費の見直し

通信費の見直しで有効な方法はスマホの月額利用料金です。

最近では格安SIMも知られるようになってきて選択肢も広がってきています。
格安SIMが注目されるようになってきた背景には携帯大手3社の利用料金が高いという事情があります。

格安SIMユーザーと比較すると、やはり大手携帯キャリアユーザーの利用料金は高い傾向にあります。

MMD研究所は、3月16日に「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」の結果を発表した。対象は15歳以上の携帯電話(大手キャリアユーザー:335人、格安SIMユーザー:321人、フィーチャーフォンユーザー:315人)を所有する男女971人。

現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は、大手3キャリアのユーザーは平均7876円、格安SIMユーザーは平均2957円、フィーチャーフォンユーザーは3071円となり、大手キャリアユーザーの半数が「7000円以上」と回答。格安SIMユーザーは「1000円以上2000円未満」が33.6%、フィーチャーフォンユーザーも「1000円以上2000円未満」が35.2%で最も多くなった。

僕自身もスマホの利用の仕方を考えると大手の料金プランにメリットはあまりなかったこともあり現在ではイオンモバイルの格安SIMに変更しています。
格安SIMに変更したことで、夫婦で8,000円ほどの利用料金を支払っていましたが、イオンモバイルのシェアプラン4GBを契約して現在は3,500円ほどまで利用料金を節約できています。

格安SIMは料金が安い分サポート面で不安があるというような声もありますから、万人に受けるサービスではありませんが。
ただ、スマホのトラブルを自分で調べて解決できないと投資の勉強もできない気もしますが・・・

光熱費の見直し

光熱費の代表的な項目には電気代、水道代、ガス代がありますが、今回は電気代とガス代について言及しています。

電気代の見直し

生活をする上で必ず必要になるのが光熱費ですが、光熱費も最近は支出削減の項目として注目されています。

光熱費の中でも電気に関しては電力自由化によってある程度節約できるようになってきました。

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。
2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。
つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。

シミュレーション結果を見てみると、年間で数千円から2万程度の節約になることもあるようです。金額的にはそこまで大きくないようですが塵も積もればという考えもありますので・・・

次の項目でも説明しますが、ガス代は集合住宅に住んでいる場合は何とも出来ない可能性がありますが、電力会社の変更はアパート・マンションなどの集合住宅に住んでいる人でも実行できるものです。

僕自身はこの先に引越しをする可能性があるため、電力会社の変更は実行できていませんが、代わりにカテエネに会員登録してポイントを貯めるようにした事と、電気料金とガス料金をセットにするプランに契約を変更して節約するようにしています。

ガス代の見直し

こちらもアパート・マンション住まいの人は中々実行できない可能性が高いですが、戸建ての方は有効な方法だと思います。

それはプロパンガス会社の変更です。

ガスを利用するご家庭のうち、プロパンガスを利用するご家庭は約45%ほどだそうですが、ガス会社を変更するだけで「ガス料金が安くなる」と知らない方が多いようです。

プロパンガスの価格は会社ごとの自由設定のため極端に高いガス料金を設定していることもあります。

僕自身も無知な大学生の時にプロパンガスでひどい目に遭ったので、卒業してからは都市ガスの物件のみを候補にしています。
(契約していたプロパン会社から650円/m3で契約させられた。今住んでる地域の都市ガスは基準額が165.96円/m3です(2019年1月末現在)

アパート・マンションなどの集合住宅では大家さんが1棟まるごとのでガスを契約していることが多く、ガス会社を変更することは難しいですが、戸建てであれば、大家=自分のような図式になりますからガス会社を自由に変更でます。

あくまで集合住宅の中でも極端な例かもしれませんが、従量料金の部分で1/4程度になりますし、基本料金もおそらく違いますから全体的な節約費用としては結構な金額になると考えられます。

仮にあなたが、ガス会社を変更することが面倒と思う人だとしても投資の種銭を貯めるためには有効な方法だと思いますから、ぜひ実施されることをオススメします。

保険料の見直し

保険料は、そもそも保険に入っていない人では節約のしようがありませんが、何と無く保険に入っているという場合は結果的に割高になっている可能性もありますから見直しの価値はありますね。

一方で契約している保険の内容によっては見直ししないほうがいい場合もあります。

今回は見直しをするメリットがあるという前提で話を進めていきます。

僕は、結婚してから保険に加入しました。
その際に保険マンモスというサービスを利用して、FPを紹介してもらい、FPに相談をして加入する保険を選択しました。

妻は結婚前から生命保険に加入していましたが、付き合いで加入していたものらしく、見直しをして新たな保険に加入し直したら1/3以下の保険料になりました(大体月7,000円程の節約になりました)。

保険は中々自分自身に必要な保険を理解しにくい側面もありますから、中立的な立場の専門家にアドバイスをもらうことで必要な補償を最低限の保険料に賄えるようになると思います。

スポンサーリンク

収入を増やす

支出を減らすという事はこれまでの無駄を分析し省いて行くと言う作業になりますが、どこまで頑張っても支出を0にする事はできません。

つまり、無駄を省くだけでは投資の種銭を短期間で大きくする事は困難と言えます。

そこで次に考えるべき事は出て行く資金をコントロールする事ではなく、入ってくる資金を増やすことを考えることになります。

シンプルに考えて、入ってくる資金を増やすには大きく2つしかないでしょう。

給料を上げる

まず真っ先に考えつくことでは無いでしょうか。

現在、定職に付いており毎月給料という形で現金が手に入ることは非常にありがたいことです。

しかし、給料を増やすには昇給するしかありませんが、昇給は年1回という場合がお多いでしょうし、最悪昇給しない場合もありますね。

そういった意味では今すぐに手元に入ってくる収入を増やす方策にはならない可能性が高いですね。

副収入を得る

そうなると、定職の給料以外から現金収入を得る方法を考える必要があります。

いわゆる副業になりますね。

ポイントサイトでお小遣い稼ぎがお手軽にできる

一番簡単で手っ取り早いのがポイントサイトを使ったお小遣い稼ぎですね。

今はネットでショッピングすることも多くなってきていますが、ただショッピングするだけではポイントもほとんど還元されませんが、
モッピーを利用することで「楽天」「AMAZON」のメジャーどころを始めとして、「ヤフーオークション」の落札についてもポイントがつくようですね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ポイントサイトの高単価案件はクレジットカードの作成やFXの口座開設が中心になりますが、クレジットカードは短期間で作りすぎると審査に通りにくくなるなどの弊害があると言われています。

そのため、短期間で複数枚を一気に申し込む事は避けた方がいいと言われています(管理人は小まめにカードの作成はしたことがありますが、一気にはないので正確にはわかりません・・・)。

一方で、FXの口座開設は口座開設のみでそれなりの高額ポイントになることもありますが、最近は「口座開設+規定数量の取引」という案件も多いです。

なので、トレードの練習がてら口座を開設して、トレードしてみてもいいでしょうが、獲得できるポイント以上の損失を出さないようには気をつけて下さいね。

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングで副業することも選択肢として考えてもいいかもしれません。

近年では在宅でできる副業が注目されており、その選択肢の一つにランサーズなどをはじめとしたクラウドソーシングサービスがあります。

公式サイトで仕事内容を確認してみる

アプリ開発やWeb製作・Webデザインといった専門的な分野から日常に関するライティングやアンケートのような誰にでもできそうなものまで様々な仕事が存在しています。

もちろん、報酬は簡単な仕事であれば安いですし、それなりに専門的なものになれば高額になる傾向はあります。

私は、この手のサイトで役に立つようなスキルは無いので、ライティングやアンケートを中心にこなしていました。

ライティングは文字数が多くなれば報酬も上がる傾向にありますが、簡単なものだと数十円程のものもあります。

一晩で4件仕事してみましたが、500円程の利益になっております(笑)

比較的簡単なもばかりを選んでやって見ました。

タスクタイプの比較的短時間で終わるようなものの報酬は大体こんなモノですから、まともな報酬をもらうような副業にするなら、ライティング案件の中でも継続的に仕事を回してもらえるような案件を狙っていく必要があります。

投資のタネ銭を稼ぐためのまとめ

投資の軍資金・種銭を作り出すために支出を減らす事・収入を増やす事について解説して見ました。

恐らく大概の人が取り組みやすいのは支出を減らす事では無いでしょうかね。
スマホを大手キャリアで契約している人は格安SIMにするだけでもだいぶ変わってきますしね。

もちろん節約などの支出の制限だけでは急速に種銭を増やして行くことはできませんから、最低限支出をコントロールできるようになったらば、収入を増やす努力をする必要がありますね。

現在の給料がそこそこ多く、支出が必要以上に大きければ、支出のコントロールだけで十分かもしれませんが・・・

何事も行動しなければ変わってきませんから、まずは何をするかを決定して行動してみることですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事