株式投資をする上で選ぶべきは源泉徴収なしの特定口座かも!?

株式投資を行う上でまずしなければいけないことは、証券会社への口座開設です。

証券会社への口座の開設は非常に簡単で、フォームに必要事項を入力するだけです。

しかしながら、口座を開設する上で、初めて口座を開設する人が迷う点があると思います。

それが、一般口座にするか特定口座にするか、さらに、源泉徴収にするか否かを選択することではないでしょうか。

どの口座にもメリット・デメリットがありますが、大体の人は特定口座を選択することが多いでしょうし、メリットも大きいと思います。

ただし、源泉徴収のあり・なしについては、その人ごとにベストな選択は変わってきます。

今回は、源泉徴収のあり・なし、どちらを選択するべきか考えてみました。

特定口座の源泉徴収のあり・なしの違い

株式投資の利益には株式の売買益に対する譲渡益と配当金に対する配当益に大きく分けられます。

配当金については、源泉徴収により20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金が天引きされた状態で受け取ることになります。
一方で、譲渡益の税金も20.315%ですが、納付方法については、特定口座の内容により変わってきます。

源泉徴収ありの特定口座では確定申告が不要

特定口座(源泉徴収あり)であれば、譲渡益をどれだけ出しても確定申告をする必要はありません

この口座は源泉徴収により獲得した利益から20.215%の税金が天引きされて口座に入金されることになります。

利益ごとに税金が徴収されていますから、口座に入金されるときには必要な税金を納付しているため年度末に行う確定申告は必要ありません。

年度末の忙しい時期に、書類仕事をしなくても良いということが特定口座(源泉徴収あり)を選ぶメリットになります。

源泉徴収ありにすると必要以上に税金は払うことがある

年収2000万円以下のサラリーマンで給与以外の収入がないの場合、年間の利益が20万円以下であれば原則として確定申告は不要になります。

確定申告とは

確定申告とは、所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きです。
個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間になります。確定申告書などの必要書類をそろえ、3月15日までに税務署に申告・納税します。
 株式投資において確定申告が不要になるという意味は、15.315%の所得税を納める必要がなくなるということです。
一方で、5%の住民税については別途申告・納付をする必要があります。

しかしながら、特定口座(源泉徴収あり)では、年間の利益に拘らず全ての利益に対して所得税と住民税を納付することになります。

年間の利益が20万円だった場合は、源泉徴収のあり・なしで30,360円の差が出ることになります。

20万円(年間利益)×15.315%(所得税率) = 30,630円(納めるべき所得税)

源泉徴収なしの特定口座は無駄な税金を払わなくて済む

一般的なサラリーマンで副業をしていなければ、株の利益を20万円以下に抑えておけば住民税の5%は納付する必要はありますが、15.315%の所得税は納付の必要がなくなります。

源泉徴収ありの場合は、年間利益を20万円以下に抑えても源泉徴収された税金を取り戻すことはできません。

確実に20万円以下に抑えられるなら、特定口座(源泉徴収なし)の方がいいかもしれません。

源泉徴収なしだと状況によっては確定申告の手間が増える

20万円以上の利益を上げた場合は確定申告が必要になりますので、年度末付近で書類作成の手間が出てきます。

この場合特に注意が必要な人は、主には専業主婦(主夫)や大学生など扶養に入っている人です。

サラリーマンの扶養に入っている場合は、扶養控除などの対象から外れることによって、自分自身で税金を納める必要が出てきます。
この時、投資の利益よりも控除の方が大きければ、かえって損をする可能性が出てきます。

専業主婦(主婦)の方で大きく稼ぐ可能性があるのであれば、特定口座(源泉徴収あり)の方が安全かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:自身の状況で源泉徴収の有無を決める

源泉徴収のあり・なしは、実際に投資を始める人の状況によって最良の選択肢は変わってきます。

個人的な考えとして、サラリーマンで給与収入があり、副業として株式投資を始める場合、利益の有無に関わらず特定口座(源泉徴収なし)が良いと考えています。

ただし、ご自身で確定申告をする必要が出てきます。
そのため、本業が忙しすぎて確定申告の手間を嫌がる場合は源泉徴収ありにされておく方がいいでしょう。

確定申告って大変?
僕自身は、子供が生まれた年に確定申告をしました。
これは出産に関わる費用が大きくかかったため医療費控除を行うために確定申告をしました。
確定申告書を作成するのも仕事から帰ってきて作成してもすぐにできる程だったと記憶していますので、
書類作成が特別苦手というわけでもなければ、確定をすること自体でそれほど時間は取られないと思います。

また、上述したように、専業主婦(主婦)などで、サラリーマンの扶養に入っている人の場合は、特定口座(源泉徴収あり)にしておく方が無難かもしれません。

投資をする内容にもよるでしょうが、年間21万円の利益だとしても、確定申告は必要になりますし、この場合はほぼ扶養控除を受ける方がメリットがあるため、扶養から外れるのは得策ではないでしょう。

IPOなどの投資を行っている場合は、大きく利益が出る可能性もあるため、この点には気をつけておく方がいいでしょう。

ちなみに・・・
年間20万円を稼ぐことを考えたときに、必要な投資資金を考えてみます。
例えば、投資金を100万円とすると、年利20%で運用できれば、年間利益は20万円になります。
株価で考えると、1株1000円の株を1000株購入した場合、株価が1200円まで上昇すると、20万円の利益になります。
年利20%を確実に出せるかというと、そこまで簡単ではないのではないと思います。
一方で、投資金の金額を大きくすれば、年利が少なくても年間利益20万円を達成しやすくなります。
そのため、十分大きい投資金を準備できる人でなければ、源泉徴収なしを選んでいいと考えています。

僕自身は、昨年の株式投資の利益が10万円程度だったため、今年から特定口座(源泉徴収なし)の口座に変更しました。

スポンサーリンク

おすすめの記事